スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ続くイラクのテロ

「イラクのテロ、7月に325人死亡…過去2年で最悪」



2012.8.2付け、mns産経ニュースに こんな記事が載った。

イラクで7月、爆弾テロや武装勢力の攻撃による死者数が325人に上り、2010年8月以来の過去2年間で最悪規模になったことが2日までに分かった。フランス公共ラジオが伝えた。

 325人のうち241人が市民で、警察官40人と兵士44人も含まれる。10年8月には、426人が死亡した。

 イラクでは7月23日、首都バグダッドなど十数都市で自動車爆弾の爆発や襲撃が相次ぎ約120人が死亡。国際テロ組織アルカーイダ系武装勢力が犯行声明を出した。

 同国の治安は、宗派間抗争がピークだった06~07年に比べ大きく改善したが、昨年12月の米軍撤退後も爆弾テロなどがたびたび起きており、宗派間抗争の再燃が懸念されていた。(共同)





聖書にも書かれている通り、この終わりの時代、私たちの願いとは異なり 世界中でのテロや戦争は続いていくのでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。