スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりの時代に向かって

イランのリバイバル


み声新聞 第705号に こんな記事が載った。


イランのリバイバル

 ECI(イスラエルのためのヨーロッパ連合)のメンバーがセミナーをされるということで、11月26日と27日にエルサレムの平和を祈る会主催の「切迫する再臨とイスラエル」という聖会とセミナーに参加させていただきました。終末に向けての備えのメッセージやイスラエルの回復等さまざまなメッセージが語られました。その中で大久保みどり師が北朝鮮、イランでリバイバルが起きていると語られました。北朝鮮では脱北者の話によれば40万人の信者がすでにいるとのことでした。北朝鮮でクリスチャンが増えているということは韓国人の牧師さんから聞いたことがあったのでそれほど驚きませんでしたが、イランでリバイバルが起きているということを聞いて驚きました。
 イランは、アフマディネジャド大統領が公にイスラエルを世界の地図から消滅させよと言っている国です。また、クリスチャンに関するニュースは、クリスチャンが迫害を受け、牧師が監禁され拷問を受けているといったニュースが多かったからです。
 「中東の獣」という本を執筆したヨエル・リチャードソン氏によるとイラン国内では国民の多くが現体制に不満を持っており、信頼できる情報によれば、シリアのアサド体制が崩れるとイランのアーヤトラー(イランの最高指導者:ハメネイ氏の称号)体制にも大きな影響を及ぼすのではないかと言われているとのことです。
 また、同氏によるとイランでリバイバルが起きていることが、イランのビリー・グラハムと呼ばれるシャリアット牧師からインタビューを受けて確認できたということでした。シャリアット牧師は衛星放送の番組を持っており、人気が高く、最高指導者ハメネイ師、アフマディネジャド大統領の次に知名度が高いということでした。イラン国内ではこのような放送が出来ないので、衛星を使ってイランの人々が視れるようにしているのです。また、イランは衛星放送用のアンテナは禁じられているのですが、実際は60%の人が所有しているという現実があり、300万人から600万人の人が福音番組を見ることが出来るのです。
 非常に厳しい迫害は許されていますが、実際、イランの教会は毎年20%の割合で伸びており、200万から700万人のクリスチャンがいるとのことです。そのうちの多くがイスラムから改宗した人だということですから、確かにリバイバルが起きています。
 シャリアット牧師は衛星放送を用いましたが、イランでインターネット普及率が高くなれば、日本からもイスラム圏に福音を伝えることが出来ます。神さまは21世紀型の宣教のポイントとしてインターネットを挙げておられます。もちろん宣教に出ていくのが重要ですが、入国しにくい国にインターネットで伝えることが出来るのはこの時代の特権です。 町田教会:パウロ弓野牧師





主の為されることに、更に期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。